ダイビング観光スポットの北谷エリアについて

北谷でもダイビングできるよ。

北谷エリアは沖縄本島の南部にあり、沖縄県の独特な雰囲気の中でダイビングを楽しめる観光スポットです。

 

北谷エリアにはビーチポイントがあり、海中の流れがほとんど無く水深も比較的浅い場所が多いので、特に初心者のダイビングには高い人気があります。

 

海中には海底遺跡のような地形があり、ソフトコーラルが広く群生しているので、見ごたえのあるダイビングをおこなうことができるでしょう。沖縄県那覇市からは車で40分ほど北上したところにあり、街中には大型のショッピングセンターやアミューズメント施設、海岸沿いに並ぶカフェバーがあるので、観光としてもアフターダイブを楽しむには適したスポットとなっています。

 

北谷エリアでのダイビングは大きく分けると2種類あり、ビーチダイブを1日で2,3本おこなうのと、周辺の離島へボートで移動し、ボートダイブを楽しむこともできます。いずれの場合も潮流がほとんどないので、初心者から上級者まで安心してダイビングをすることができるエリアとなっています。北谷エリアからさらに北上すると、青の洞窟で有名な恩納エリアがあり、観光として訪れた場合時間的に余裕があるならばどちらのエリアも訪れることは可能です。

沖縄に観光に来て海で遊ばないという人はまず居ないでしょうし、遊ぶからには様々なレジャーやマリンスポーツにチャレンジしたいという方も多いと思います。

特に水中を自由に散歩できるダイビングは海の醍醐味を知る上でも欠かせないと言って良いほどメジャーな楽しみ方であり、沖縄でも観光客を相手にした専門店が数多く揃っています。

 

それらの店舗では体験ダイビングという形で初心者を相手に営業もしていますが、どうせなら観光も楽しみながらライセンスを取得するというのも良い方法です。実際にダイビングライセンスを取得させるのが目的の観光案内もあるほどで、非常に多くの方が沖縄でライセンスを取得しています。これらの取得が出来るショップも数多く存在しており、

少数で集中的に取るというのが人気のようでネット上でも案内がされていて情報の取得も簡単になっています。

 

ライセンスを取ってみたいと思ったらネットからも予約が可能となっており、各ショップ共に値段も表示していますのでご自分にあったプランに申しこめば楽しみながら取得が可能となるはずです。勿論ライセンスを取得してダイバーの一員となったなら、思う存分沖縄の海を楽しむのもいいですし世界中の海で潜るという目標を立てても良いと思います。

続きを読む≫ 2014/04/20 17:49:20

現在、旅行の価値観が大きく変わりつつあります。以前は旅行といえば、パック旅行が中心でした。ガイドさんがいて、皆でぞろぞろと一緒のところをまわるのです。有名な観光地を見て、有名な料理を食べてというようにコースが決まっています。確かに、効率よく色々なところをまわることができるし、自分で色々と調べる必要がないので、楽ではあります。

 

また、パックになっているので、割安でもあります。昔は旅行などそうそうできるものではなかったので、こういった旅行が一般的だったのです。しかし、海外も含めて多くの方が気軽に旅行できるようになった今は、そういうありきたりの観光では満足できない人が増えてきたのです。例えば、沖縄に行ったら首里城を見て、沖縄料理を食べるだけでは満足できないです。

そういう方は、体験型の旅行をするのがいいでしょう。有名なところを見たり食べたりするだけではなく、その地域でしかできないようなことを体験するのです。例えば沖縄の例で行くと、ダイビングです。沖縄の海でダイビングをすると、都会の海では絶対に見ることができないような、熱帯魚やサンゴ礁を見ることができます。ダイビング等の体験で、非日常を味わえる沖縄観光は魅力的です。

続きを読む≫ 2014/04/20 17:48:20

沖縄でダイビング観光ができることはとても有名ですので、これまで実際に体験したことがあると言う人も、多いのではないかと思います。しかしながら、一度観光を体験したことで再びわざわざ出かける必要はないと、どうしても考えてしまいがちですが、沖縄の海はとても魅力的ですので何度でも楽しむことができます。同じスポットでも、季節や時間などによって状況はかなり変わりますので、

再び足を運んでダイビングを行ってみれば、間違いなく前回と同じように楽しめるだけでなく、違った体験を味わうことができます。また沖縄全体には調べてみると、信じられないぐらいたくさんのダイビングスポットは存在しており、それぞれに独自の個性や特徴がありますので、とても奥が深くなっています。やはり、周辺や海の中の景色がまるっきり変わりますし、また海の中で泳いでいる生き物も様々なものを見ることができますので、ダイビングの素晴らしさをより強く感じられるようになります。

 

今現在実際に、一度沖縄にダイビング観光に行ったきり、まったく足を運んでいないという人がおりましたら、是非とも思い切って再び訪れて色いろいろなシチュエーションで、楽しんでもらいたいと思います。

続きを読む≫ 2014/04/20 17:47:20

青い海と白い砂浜で知られる沖縄の海はダイビングを楽しむという人達にも人気のスポットであり、海外からも多くの人が観光だけでなくそれらを目的に旅行に来るというケースも多いようです。これらの需要に応えるかの様に沖縄にはダイビングを専門とするショップが数多く店を開いており、それぞれが特色のある活動を行っています。

 

またこれらは沖縄本島だけでなく離島でも似たような事情でありダイビングに関して初心者という観光客でも気軽に利用できるよう、各店舗とも工夫を凝らしています。更に沖縄に根ざしたショップが多く地元民でも知らない様な水中での絶景スポットを数多く案内してくれるなど、海を楽しむのに十分過ぎるサービスを行っています。

これらの海の観光案内においては各ショップが独自色を出そうとしていますが、そのサービスも様々でありその数だけ楽しみ方があると言っても過言ではなく、

それらで選んで旅行の計画を立ててみるのも良い方法です。最近では旅行会社のツアーだけでなくダイビングを目的に旅行のプランを立てる方も多いのか、ネットなどで直接案内している所も増えており人気の高さが伺えるとともに、本格的な方達からお子様連れまで楽しめる様な提案をしているなど楽しみ方の幅も増やしています。

続きを読む≫ 2014/04/20 17:45:20

毎日一生懸命働いていると疲れやストレスでいっぱいになってしまうので、どこかに気晴らしするのにリフレッシュ旅行に行きたくなります。賑わう観光地や人気スポットも楽しいけれど、最近は人ごみから抜け出して大自然の中で羽を伸ばしてリフレッシュしたいという方も多くいらっしゃいます。そこで沖縄は、海外のような南国リゾートの雰囲気を持ちつつ、国内で気軽に短時間で行けるということでとても人気があります。沖縄は、独自の文化があり、観光で異国情緒あふれる街並みや観光スポット、また食べ物など日常では味わうことのできない楽しさを味わえます。

 

ダイビングも盛んで、毎年非常に多くの方が楽しんでおられます。沖縄には「青の洞窟」と呼ばれるダイビングスポットや南国特有の色とりどりの魚たちと戯れる事ができる場所があるので、美しい景色を眺めながらとても癒される時間を過ごすことができます。また、ダイビング初心者の方もインストラクターが丁寧に指導し、

付き添ってくれるので安心して楽しむ事ができます。沖縄は観光だけでなく、豊かな自然と触れ合えるダイビングも楽しめ、海を眺めるだけでも癒される事ができるので日常から離れてリフレッシュするには最適な場所なのです。

続きを読む≫ 2014/04/20 17:44:20

縄の石垣島などでもいろいろなダイビングスポットで、この海の観光資源を満喫することができるのです。それも世界でトップレベルのマンタに遭遇する確立の高い場所でもあり、そんなことができるのがこの地域なのです。そのように見ることのできる沖縄の石垣島のダイビング観光スポットの一つが、「川平石崎マンタスクランンブル」と呼ばれているところでもあるのです。

 

この場所というのは、初心者でも潜ることができますが、時々潮の流れが急になることもあるところなので、あまり安心して潜れるというところでもないということを頭にいれながら、

とりあえず注意して潜る必要のあるところでもあります。それで、水深は12mから17mほどで、それほど深いところではないポイントでもあるのです。とにかく、ここでの観光目的というのは、あのマンタに遭遇できるかどうかにかかっているところであり、ここでの遭遇率というのが、平均的に約8割という脅威の高さで遭遇が出来るというので、大変期待がかかるところでもあるのです。

沖縄の石垣島のこのような場所というのは、残念なことにマンタの体験的ダイビングではルール上できないことになっているので、大変残念でもありますが、スノーケルを使い水面から見るという方法になるのです。

続きを読む≫ 2014/04/20 17:44:20

石垣島は沖縄の那覇空港から飛行機で約1時間でアクセスでき、西表島などの八重山諸島への玄関口となっている島です。石垣島のダイビングエリアは市街、川平、北部の3つに大きく分けられ、それぞれに違った楽しみ方を満喫することができます。

 

市街地エリアはショッピングや飲食を楽しむことができるので、観光としてアフターダイブを楽しむのに適したスポットです。川平エリアでは沖縄でも人気のあるダイビングスポットとなっていますが、その理由としてはマンタの遭遇率が世界的にもトップレベルだと言うことが挙げられます。しかも、初心者でもダイビングすることができるので、沖縄でダイブを楽しむためには外せないエリアとなっています。

 

残念ながら体験ダイビングは禁止となっていますが、シュノーケリングはOKなので、観光のついでにシュノーケリングを楽しむのもいいでしょう。北部エリアでは大自然の中にあるエリアで、非常に多くの魚種を見ることが出来ます。水深も16m前後と比較的浅い場所が多いので、初心者にはぴったりのエリアとなっています。また、夜になると満点の星空が広がり、大自然の中でアフターダイブを楽しむにはもってこいの観光スポットとなっています。

続きを読む≫ 2014/04/20 17:42:20

沖縄の経済を語るときに観光産業をなしに語ることはできません。年間約600万人と言われている沖縄県への観光客ですが、

そのうちダイビングを目的に訪れる人は600万人の観光客のうち、1パーセントほどにすぎません。日本が世界に誇る沖縄の海は近年国立公園に指定されたこともあって

、ますますの注目を浴びています。沖縄の海は世界的に見ても豊富な魚種と魚影がいながら、透明度がとても高いことで有名です。一般的に透明度の高い海は栄養分が少ないため、

魚影は少なくなることが一般的です。逆に栄養分の高い海はプランクトンにより濁ってしまい、魚は多くても透明度が低いためよく見えません。

 

沖縄の海は透明度の高さと魚影の濃さが両立している世界的にも奇跡の海なのです。その奇跡の海を余すことなく楽しむにはスキューバダイビングが一番です。シュノーケリングでもサンゴやそこに住む熱帯魚を見ることはできますが、圧巻の魚影を見ることはできません。スキューバダイビングであれば、中層を渦巻くように群れるマグロやグルクンといった回遊魚を見ることができます。運が良ければ、マンタのような大型の魚を触れるほどの近さで見ることができるのはスキューバダイビングならではの体験です。

続きを読む≫ 2014/04/20 17:41:20

沖縄の観光をきっかけにして、ダイビングというものに関心を注いでいくようになっていく人もいるのです。

 

マリンスポーツが盛んな土地柄もあり、海へ関心を持つことは自然の流れであるというような見方もされています。

 

私が自信を持って紹介したい事柄は、沖縄の観光業に携わりながら、ダイビングライセンスを取得していくということです。

初心者を歓迎しているようなムードも公開されており、泳ぐスキルがある程度あるならば、誰にでもチャンスがあるということが確約されているのです。

 

最近海外の観光客もオプショナルツアーでダイビングをしてみたいという声も高まっているため、こういった資格を持っていると後々に役立つ場面も多いものになっていくというように考えられているのです。詳細を知りたいというのであれば、沖縄の観光を専門的に扱っているホームページを閲覧していくようにすることも推奨されているのです。

 

今まで述べた点をしっかりと見ていくようにすることで、自然の美しさというものを広めていくような活動を行っていく活動にも関わっていくことができるのです。よって、日本本土ではなかなか見ることができない神秘の世界が沖縄にはまだまだいっぱいあるのです。

続きを読む≫ 2014/04/20 17:40:20

沖縄旅行を考えている人にとって、真冬以外は必ずと言ってよいほどマリンレジャーが候補に入って来ます。

 

世界遺産巡りやレジャースポットを巡る観光も魅力的ですが、沖縄のエメラルドグリーンの海に潜るダイビングは誰もが憧れるアクティビティです。マリンレジャーの中にはシュノーケリングやバナナボートといったレジャーがありますが、陸上とは全く景観が違う水中を楽しむことができるダイビングは誰もが感動することが間違いないレジャーです。呼吸器や循環器に問題がない健康な体を持っていて、少しの忍耐力があって、

年齢が10歳以上であれば体験することが可能です。既にライセンスを持っている人はボートに乗って、ダイナミックなポイントで楽しむこともできますし、

ライセンスを持っていない人でも体験ダイビングを扱っているお店が沖縄にはたくさんあるので問い合わせてみるとよいでしょう。

 

帰りの日には、最低12時間、2回以上潜った場合には18時間以上を空けないと飛行機には乗ることはできません。最終日にはダイビング以外の観光を楽しむようにしてください。最終日に観光として水族館に行けば、前日までにダイビングで見られた魚を観察できて、感動も更に増すことでしょう。

続きを読む≫ 2014/04/20 17:38:20